当院は保険治療主体の歯科医院です。

ノブデンタルオフィス TOP > 根幹治療

根管治療

歯の保存を実現する虫歯治療「根管治療」

神経にまで進行してしまった重度の虫歯になると、あと一歩で抜歯を余儀なくされる状況に陥ります。抜歯を避け歯の維持につなげるために行うのが、根管治療です。

【こんな方は根管治療が必要かもしれません】

  • 冷たいもの・甘いものはもちろん、温かいものでも激しくしみる
  • 何もしていなくても激しく痛む
  • 噛み合わせたときに激しく痛む

根管治療では、根管内にある神経を除去して洗浄し、消毒をして薬剤を詰めます。その後、土台(コア)を入れてその上からクラウン(被せもの)を被せます。根管内は非常に複雑で医師が直接内部を確認できないうえに、洗浄などが不十分だと再治療の可能性があるので、高度な知識や技術、そして経験が求められます。

根管治療の流れ

神経を除去する

専用の器具を用いて根管の長さを計る

.汚染された根管内を洗浄する

根管内を消毒する

根管内に薬剤を詰めて密封する

土台を入れる(土台の素材には金属やグラスファイバーなどがあります)

クラウンを被せる

根管治療は、再治療の確率が高い治療です。特に根尖性歯周炎になると、再治療が必要になります。根尖性歯周炎は、根管洗浄が上手くいかなかった、歯根が割れてしまった、という場合に起こることがあり、神経がないため自覚症状に乏しいにもかかわらず、突然強く痛み出すことがあります。ノブデンタルオフィスでは、再治療の必要がないよう正確な根管治療を行っています。

神経がなくなると歯の寿命は縮みます

神経(歯髄)は、歯に栄養を届ける、虫歯の進行を抑えるなどといった役割を持っています。つまり、根管治療で神経を除去することは、歯の寿命を縮めていることになるのです。そうならないよう、歯に違和感があるときは、早めに治療を受けましょう。